薬剤師の派遣会社に登録して仕事を見つけたことについて

結婚をすることになり勤めていた調剤薬局を辞めることに

私は大学の薬学部で6年間勉強して卒業した後国家試験に合格して薬剤師になることが出来たのですが、なかなか仕事先が見つからずに苦労しました。 その後何とか都内にある調剤薬局で正社員として働き出したのですが、それから暫くして結婚をすることになり勤めていた調剤薬局を辞めることにしました。 私としては結婚してもそこで働きたいと思ったのですが、夫になる人が転勤で地方に行くことになったので私も付いて行くことにしたのです。 そのため残念だと思ったのですがその調剤薬局を辞めて夫の転勤先で夫婦2人で暮らし始めたのですが、何か物足りなさを感じていました。 それは折角頑張って薬剤師の資格を取得したのに、それを生かすことが出来ないことにもどかしさを感じていたからです。 また夫の収入だけでは生活するのが少し難しいと言う状態でもあったので、私も外に出てパートの仕事をすることにしました。 初めは近くにあるコンビニで仕事をしていたのですが、あまりやる気が出なかったので直ぐに辞めてしまいました。 夫には少し怒られたのですが、私はあまり乗り気がしなかったので違う仕事をすることにしました。

派遣薬剤師として働いた目的は紹介予定派遣での再就職

私が派遣薬剤師として働くことを決意したのは紹介予定派遣を利用して再就職したいと考えたからでした。
大学を卒業してから実家の近くにある大手の調剤薬局で働いていましたが、あまりに処方箋数が多くて仕事が忙しく、人間関係も冷ややかな感じがあってあまり職場を好めませんでした。
そのため、結婚したときに引っ越しが必要になった勢いで退職してしまい、専業主婦としてしばらく過ごしてきたのです。
子供も生まれて子育てに明け暮れていたのですが、時間に余裕が出てきたのでまた薬剤師として働いても良いという気持ちが湧いてきました。
もともと服薬指導をするのは好きだったので、調剤薬局で少しずつ働いていこうと決めたのです。
とはいえ、まだ子供も小学生で手がかかる時期だったのでフルタイムで働けるかは心配でした。
ですが、将来的にもずっと働いていこうと思うとやはり正規雇用でしっかりと働きたいという気持ちがあります。
また、ブランクがあったのも気にかかっていて、再就職のために職場を探してもなかなか受け入れてもらえないのではないかという気持ちや、現場に出ても思うように働けないのではないかという不安がありました。
そこで考えたのが派遣で働くという方法であり、少しずつ時間の許す限り働いて、身体も腕も慣らしていこうと考えたのです。
ただ、やはり最終的には気に入った調剤薬局で正社員で働けるようになりたいという気持ちはありました。
そのときに派遣会社に相談して知ったのが紹介予定派遣であり、これこそが自分の求めていたものだと感じました。
実際に派遣の紹介を受けて働いてみると、意外に家事との両立をすることができました。
もともと昼間と土日しか働けないという話で紹介してもらっていたからかもしれません。
しかし、半年の契約で良いという短い案件でしばらく働いてみましたが、俄然やる気が出てきてしまいました。
その薬局はのんびりとした雰囲気があって以前の職場とはまるで違う様子でしたが、処方箋数が少なくて私としては少し不満があったのも確かです。
人間関係も良好で時間があるとよく無駄話をして楽しんでいました。
ただ、本気で仕事をするならもうちょっと忙しいくらいがメリハリが合って良いと思ったので、そのことを派遣会社の担当者に告げたところ、紹介予定派遣の案件を出してくれました。
近隣の調剤薬局で地域の中堅程度の規模のものです。
待遇も良くてやりがいがありそうだと感じ、迷わずに紹介おw受けて働き始めることにしました。
この紹介を受けられたのが今の自分の状況を生み出しています。
仕事の忙しさが私にとっては適度で、テキパキというほどではなくても手際よく仕事をこなしていれば一日が終わるという感じです。
私が最もやりたかった服薬指導にどれだけ時間をかけていても周囲から文句を言われることもなく、むしろ丁寧な説明をしていると店長に褒められることもあります。
どうしたら良いのかと他の薬剤師からも相談を受けるようになって、ますます薬局内での立場も良くなってやる気が湧いてきました。
この派遣も半年契約だったのでその時点で再度面接を行い、私としては正社員になりたいことを告げると即採用で雇用契約を結ぶことができたのです。
そして、正社員になってからは副店長としての地位を与えられて働いています。
管理の仕事はほとんど店長が行ってくれているので、実際に行っているのは基本的な仕事と現場での薬剤師の指導です。
この立場がとても自分に合っていると感じ、だんだんと勤務時間も長くなってきました。
それでも家事もなんとか両立できていて充実した日々を過ごすことができています。
紹介予定派遣で正社員になるという手段がうまく行きました。

ストレスが溜まる業務内容だったのでこれでは精神的に病んで

次に始めた仕事はコールセンターでのアルバイトだったのですが、この仕事はかなりストレスが溜まる業務内容だったのでこれでは精神的に病んでしまうと思いまた直ぐに辞めてしまいました。 私自身直ぐにアルバイトを辞めることについて恥ずかしさや情けなさがあったので、次は本当にやりたい仕事を探そうと思いました。 そこでインターネットで色々と調べて見たのですが、その結果薬剤師の派遣会社があることが分かりこれはチャンスだと考えました。 よく調べて見るとけっこう沢山あったので驚いたのですが、そのうちのどこに登録すれば良いか分からずに少し迷ってしまいました。 ただあまり焦ると今までのような失敗をすると思ったのでゆっくり考えることにしたのですが、インターネットで調べて行くうちにそれに関するランキングサイトを見つけることが出来ました。

つぎ⇒出来れば以前勤めていたような調剤薬局で働きたいと

長崎県薬剤師会
薬剤師 求人
TOP